院長・スタッフblog

2024.01.26更新

よく『子どもは何歳から脱毛できますか?』とお母さんから質問を受けます。

 

決まりはないですが、子どもさんの場合、思春期前に脱毛をしても成長と共に新しい毛が生えてくることがあります。

 

中学生頃から脱毛している方もいますが、新しく生えてくることもある、という事を了承していただいて脱毛しています。

 

あと、黒いもの(毛)に反応するんですが、子どもさんは日焼けをしていることが多いので、痛みや軽いやけどのリスクもあります。

 

毛の周期に合わせて、1ヶ月半から2ヶ月おきに脱毛をするので、日焼け対策は必須です。

 

希望が多いのは、女子は鼻下、脇、腕、膝下など、男子は鼻下や顎、眉間です。

 

抜いていると脱毛ができないので、1ヶ月は抜かずに来院してください。

 

予約制になりますのでご希望の場合はお電話、または来院時お声がけください。

2024.01.15更新

院内の張り紙やホームページ・ブログでお伝えしているように、水曜日の診療時間が9時から14時半に変更になっています。

 

休憩時間はありません。

 

1/10(水)は13時から14時半まで空いていました。

 

待ち時間が短いので、この時間に来院できる方はお越しください。

 

 

2024.01.05更新

1/5より通常通り診療しております。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

新年から地震や事故のニュースで胸が痛みますね。

 

能登半島地震により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

皆様の安全と被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

 

 

 

1/10(水)から水曜日の診療時間が9時から14時半と変更になっていますのでお気を付けください。

 

ご不便ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

2023.12.25更新

今年は9月からインフルエンザが流行し、もうすでに罹られた方が多いのでワクチンを接種する方が少ないようです。

 

ただ、今はA型インフルエンザが流行していますが、例年、遅れてB型インフルエンザが流行します。

 

手洗い・うがいで気を付けていても、コロナ渦でインフルエンザに罹る方が少なかったので、抗体が下がっているうえに行動制限もなくなったので凄く増えています。

 

テレビ等で報道されているように咳止めや痰切れなど一部、薬の在庫も少なくなっています。

 

ワクチン接種は予約制ではないので、在庫があればうてます。

 

来院時、受付でお申し出ください。

 

 

今年も残り1週間をきりましたね。。。

 

年末は暖かくなりそうでよかったです。

 

何かと忙しい時期ですが、体調に気を付けてよいお年をお迎えください。

 

 

2023.12.11更新

広島の三川町にあるおしゃれなカフェ‘‘クレール‘‘

チケットを頂いたので行って来ました。

 

 ‘‘つきだし‘‘

クレール1

 

一口で食べるのがもったいない…

上品に分けて食べました。生ハムの塩気がいい感じです。

 

‘‘お刺身‘‘

 

クレール2

 

新鮮で身もぷりぷりで美味しい~

 

‘‘サラダ‘‘ 

 

クレール3

 

ビーツとキウイの2種のドレッシング

 

‘‘パン‘‘

 

クレール9

 

4種類から選んで食べ放題nico

 

‘‘前菜9種盛り‘‘

 

クレール4

 

和・洋・アジアンと見た目も味も楽しめます。

 

‘‘本日の魚・うなぎ料理‘‘

 

クレール5

 

みょうがとお出汁でお魚をほぐして食べます。

 

‘‘本日のお肉2種類の部位食べ比べ‘‘

 

クレール6

 

柔らかくて甘くてどちらも美味しい!

 

‘‘締めのスープ・ご飯‘‘

 

クレール6

 

白湯スープとカニ釜飯。絶品でした。

 

‘‘食後のデザート・飲み物‘‘

 

クレール7

 

クレール8

 

最後に甘いものを食べてお腹も心も満たされましたihi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023.11.20更新

今年は三原の佛通寺に行って来ました。

 

西条から車で約45分程です。

 

真っ赤なモミジ綺麗ですね。

 

紅葉1

 

先週、風が強かったせいか、葉っぱが残っていないような木もありました。

 

この辺りも土曜日は雪が降ったそうです。

 

 

紅葉3

 

真ん中のお地蔵さん可愛いです。

 

佛通寺川と紅葉の景観。風情がありますね。

 

紅葉4

 

大好きな揚げモミジ。美味しいですよね~

 

紅葉5

 

紅葉6

 

 200段くらいの階段を登ると開山堂と地蔵堂があります。

 

紅葉7

 

紅葉2

 

 

紅葉シーズン暖かくしてお出かけくださいね。 

 

 

 

 

 

 

2023.11.08更新

首のいぼ(アクロコルドン)を気にされて来院される方が多いです。

 

見た目もですが、さわってブツブツしていると気になりますね。

 

加齢や摩擦、できやすい体質もあるようです。

 

飛び出たような茎のあるタイプのいぼはハサミで切ります。(保険適応)

 

液体窒素をあてる治療も保険適応ですが、数回あてる必要があるのとあてた後、色素沈着になりやすいので日焼け対策が必要です。

 

いぼの盛り上がりが取れればいいという方は液体窒素でも良いと思います。

 

1回で取りたい方は紫外線の少ない、11月から2月にレーザーで取ることをおすすめしています。保険適応外・要予約

 

取った後、一旦かさぶたになりますが、日焼けに気を付けていただくと綺麗になります。

 

ただ、できやすい方は再発することがあるので、数年に1度取りに来られる方が多いです。

 

★炭酸ガスレーザーが新しい機械になりましたので料金改定しました★

 

いぼ50個以内(ただし大きさによります)¥11,000

 

 

2023.10.25更新

春のスギやヒノキ花粉症は有名ですが、秋も花粉症はあります。

 

秋はキク科のブタクサ、ヨモギ、アサ科のカナムグラ、イネ科のカモガヤなど雑草の花粉症が多いです。

 

この時期になると、くしゃみ・鼻水が出る、目が痒いなどの症状がある方は秋の花粉が原因かもしれません。

 

秋の花粉は飛散距離が数十メートルと短いため、原因の雑草が分かっていれば近づかないように対策ができます。

 

また、花粉と関連のある食物アレルギーでヨモギはセロリやにんじんなど、ブタクサだとメロンやすいかなど口の中や口周りの腫れやしびれ・痒み、のどがイガイガするといった口腔アレルギー症候群を起こすこともあります。

 

季節の変わり目に風邪をひいたかな…と思っていても、長引くようならアレルギーの可能性もあります。

 

血液検査で調べることができますので、ご希望の方はお申し出ください。

2023.10.16更新

‘‘国民の2人に1人はがんに罹り、3人に1人はがんで亡くなる‘‘というのは皆さんもご存じだとは思いますが、がん検診を受けられている方は実際少ない気がします。

 

健康診断を受けているから大丈夫!と言われる方もいますが、健康診断の血液検査でがんを見つけることは難しいです。

 

健診の内容によっては胸部レントゲン、胃カメラ、乳がん、子宮がんなどの検査がある場合もありますが、大腸は大腸カメラ、すい臓や腎臓などはエコー(超音波)といったように部位によって検査方法は様々です。

 

忙しいから、費用がかかるから、怖いから…とがん検診を受けない理由はあると思いますが、早期発見できれば治療の時間も費用も少なくて済みます。

 

私は先週、大腸カメラの検査を受けました。

 

きっかけは13年前、父が大腸がんになり、私自身お腹の張りが気になっていたので検査を受けたんですが、ポリープが3つありその日に切除しました。

 

病理検査で良性でしたが、大腸ポリープの中には悪性化するものもあるようなので、2~3年に1度は大腸カメラの検査を受けています。

 

私は腸が人より長いらしく、検査に少し時間がかかりますが、検査したことがある人に聞くと『寝ているうちに終わったよ』と言われる方も少なくありません。

 

今回もポリープが3つあって切除と病理検査もあったので費用は約2万円でしたが、生命保険の日帰り手術が適用になるので給付金が出ます。

 

検査だけなら大体6千円程度です。

 

自分自身の為、家族の為、是非がん検診を受けましょう。

 

 

 

 

2023.09.19更新

今年は10月2日の月曜日からインフルエンザワクチン接種を行います。

 

例年通り、予約制ではありませんので、受付でお申し出ください。

 

1回 4,000円    2回目(13歳未満) 3,500円

 

コロナワクチンと同時接種も可能ですが、コロナワクチンは数に限りがありますので、市のホームページで予約をお願いします。

 

 

朝晩涼しくなりましたが、日中はまだ暑いので、気温差による体調不良や体のだるさがあるという方も多いです。

 

免疫力がさがると感染症にかかりやすくなったり、帯状疱疹を発症することもあります。

 

軽い運動やぬるま湯にゆっくり浸かる、睡眠や栄養をとる、など出来ることをして秋バテを予防しましょう。

 

それでも疲れが抜けない、元気がほしい…という方は自費になりますが、ハイパワー注射・にんにく注射やにんにく点滴などがありますのでご相談ください。

 

 

 

 

前へ 前へ

SEARCH


ARCHIVE


CATEGORY

  • 二重まぶた埋没法  (0)
side_inq.png